ゆめプロジェクト

平成26年度
 
6月 ゆめプロジェクト学級文庫贈呈セレモニー
植竹小学校PTA「夢プロジェクト」推進委員会から学級文庫(各クラス35冊)を贈っていただきました。子どもたちが心豊かにそして健やかに育ってほしいと願っている保護者の皆様や教職員が協力して計画し、進めてきたものです。本を手にした子どもたちは、目を輝かせ、とてもうれしそうでした。学級文庫名を募集し、終業式に発表予定です。 
(セレモニーでの校長あいさつ)
きょうは植竹小学校PTA「ゆめプロジェクト」学級文庫を贈っていただく記念すべき日です。
このプロジェクトは、児童の皆さんが心豊かにそして健やかに育ってほしいと願っているお父さん、お母さんをはじめとする家族の人たち、地域の大人の方々、そして先生方が協力して計画し進めてきたものです。
去年の5月にPTA総会で決まり、それから何回も話し合いをして、11月にようやく児童の皆さん、保護者の皆様、先生方に「ゆめプロジェクト」の提案募集をかけることができました。その後、約1か月半の募集期間を設け、皆さんのアイデアを待っていました。そして12月。いくつかのプランが出され、1月の書類審査を経て、3月に今回の学級文庫のプランに決まりました。
その後は、きょうの贈呈セレモニーに向けて、ボランティアの皆さんが力を貸してくださり、そのおかげで今日を迎えることができました。
このプロジェクトの資金は、資源回収、植えるカムうえ竹の収益の一部、アルミ缶回収で得たお金を毎年積み重ねてためたものです。児童の皆さんをとりまく地域のたくさんの人々のおかげだといえます。大切にして、下級生やこれから植竹小に入ってくる人たちにしっかりつないでいってください。
結びに、「ゆめプロジェクト」推進委員会の北川委員長さんをはじめとする委員の皆様、ご協力いただいたPTA本部役員ならびに図書ボランティアの皆様に深く感謝申し上げ、あいさつといたします。 
7月
学級文庫名決定!「ゆめさく文庫」
植竹小学校PTAゆめプロジェクト「学級文庫」にすてきな名前がつきました。応募数122点の中から選ばれたのは、1年3組 福永陽樹(ふくなが はるき)さんの作品で
「ゆめさく文庫です。終業式に
全校に披露され、その後、賞状としおりが贈呈されました。


もどる